トップページ > 中古リフォーム事例 > 奈良市中古マンション S様邸 内装前面リフォーム
014

奈良市中古マンション S様邸 内装前面リフォーム

月々のお支払い2.3万円


・水回り4点新調(キッチン・バスルーム・トイレ・洗面化粧台)

・全部屋クロス・フローリング張替え

・畳新調・ふすま張替え

・キッチン開口部拡張工事

・ホスクリーン設置

・給湯器交換

・リビングドア移設

みなさま、こんにちは。

中古住宅専門店ならスマの忽那です。

 

今回ご紹介させて頂くのはS様のリフォーム事例です。

S様のご希望条件は「駅から徒歩15分以内の中古マンション」でしたが、お住まいをされていた賃貸マンションが駅から徒歩8分ということもあり、実際15分は遠いかな・・・と感じられておりました。

しかし、賃貸と同じ徒歩8分以内にしてしまうと選択肢が減るのではということもあり、まずは15分で探してみることに。

そしてS様がご購入されたマンションは駅から徒歩3分の好立地!!

更にマンションにしては珍しい4LDKの間取りで角部屋!

個人的にこの条件はとても羨ましいです。笑

 

マンションをお探しの方は、この4LDK+角部屋という条件だけ見ても気になりませんでしたでしょうか!?

マンションをお探しのお客様で「4LDK」の間取りが欲しいというご要望は多数承るのですが、4LDKのマンションは売りに出ている数が圧倒的に少ないのでなかなか実現頂くのが困難な状況です。

とあるデータによると「4LDK」の間取りのマンションは全体の5%しかないそうです。

 

実際に、今現在「3LDK」の間取りのマンションにお住まいのお客様が「やはり4LDKに住み替えたい」ということで、ならスマにご来店頂くお客様が多数おられます。

そういったお客様がよくおっしゃるのが、3LDKを購入したときは「4LDKは売りにくい」と不動産屋から聞いたから当時は3LDKを購入しましたということ。

ですが、私たちも多数マンションのお取引に関わらせて頂いておりますが、そんなことはありません!!

むしろ、4LDKのマンションは数が少ない上に探されているお客様は多いのでよっぽど悪い条件でない限り買い手さんはすぐ見つかる傾向にあります。

 

実際に今回の4LDKのマンションの問い合わせもとても多く、売主様は、毎週土日は内覧で予定がうまってしまうほどだったそうです。

ということで、私がS様をこのマンションにご案内させて頂いたときも、前後ともに内覧されている別のお客様と出くわしていました。

内覧されているお客様も多数いて、駅から徒歩3分、4LDKで角部屋・・・これは争奪戦になるのでは・・・なんて思いながらご案内させて頂いていたのですが、S様が「購入を検討します」ということでしたので、すぐに「買付証明書」をご記入頂いた後、売主様にお伝えをしようとしたところへまさかの他のお客様から先に買付お申込みが入ってしまいました。

 

基本「買付申込書」というのは早く提出した方が1番となります。

1秒でも遅くなってしまうと、2番となりますので、まずは1番最初に提出された方が売主様と交渉を行えるのが通例です。

 

ただ、ここである対策をすることで2番手でも物件を購入できる可能性があります。

それが、事前に住宅ローンの事前審査の承認がおりている状態で物件を探すことです。

今回の場合でいきますと、先に買付を入れていたお客様は事前に住宅ローンの事前審査をされておらず、S様は初回当店へお越し頂いた際に住宅ローンの事前審査をされており、承認もおりていたということが有利となりこちらのマンションをご購入することができました。

 

上記の文章を読んで「え!住宅ローンの事前審査って購入する物件が決まる前にするの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実際に、当店へ初めてお越し頂いたお客様のなかにも「住宅ローンの事前審査は購入する物件が決まってからでいい」とおっしゃられる方もいらっしゃいます。

しかし物件は1点もので、今回のケースのように同時に他の人からも申込が入ることは多々ございますので、その際に少しでも気に入った物件を優先的に抑えることができるよう事前審査が通っている状態で物件を探すことが、理想のマイホームを購入できる近道です。

 

スタッフコラム「おうち探しからお引越しまでに必要な10のステップを徹底解説!」も是非読んでくださいね。

↓↓↓↓

おうち探しからお引越しまでに必要な10のステップを徹底解説!

 

それでは、S様のリフォーム内容を写真とともにご紹介させて頂きます。

まずは、間取り変更のご紹介です。

以前はリビングドアを開けないと、洗面脱衣所へ入ることができませんでしたが、リビングドアの位置を変更することによってリビングも広くなりました。

さらに、以前だと洗濯をする際に毎回、リビングのドアを開けて、洗面脱衣所のドアも開けるという二度手間がありましたが、これで1回ですみますので手間も省けました。

また、洗面脱衣所の洗面化粧台を置いていた幅も1440から1600に変更したので、洗面化粧台の隣に洗濯機を置いてもゆったりとした空間使用ができます。

写真がこちらです。

商品はINAXのルミシスボウル一体型タイプです。

洗濯置き場の上部にランドリーキャビネットがついているので、ストック商品を置くことができます。

ランドリーキャビネットにはタオル掛けもついているので更に便利ですね。

3面鏡を開けると収納スペースもたくさんあるので、日々使うものを入れる場所に困りませんし、大理石の質感と素材感を再現したカウンター部分は高級感があって素敵ですね。

 

次はバスルームの紹介です。

TOTOのサザナHSシリーズに入れ替えました。

お掃除もラクラクのほっからり床で冬でも寒くありません。

また、床の内側にやわらかいクッションが入っているので、物を落としてしまったときの物音の心配もいりませんし、小さなお子様やご年配の方の入浴も安心ですね。

 

次はトイレです。

トイレはTOTOのレストパルに入れ替えました。

すっきりしたデザインで便器の後ろの壁と隙間がないのでお掃除もらくちんですね。

手洗い器の左には二段カウンターもあるので、ハンドソープを置いたりできます。

収納スペースも豊富にあるので、ストック用品を置くのにも困らないですね。

 

最後はキッチンのご紹介です。

キッチンはLIXILのリシェルに入れ替えました。

写真だけでは収納部分の良さが伝わらないのが残念なのですが、こちらのキッチンは使いやすさと収納量を両立した立体構造になっていて、収納するもののをどうすれば収納しやすく、また取り出しが簡単にできるのかということをとても考えられたキッチンになっています。

シンク部分や調理をする場所はセラミックトップで熱いフライパンをそのまま置いて頂いても変色や変形がありませんし、調味料や薬品は染み込みにくくなっているので、さっと拭くだけで簡単にお掃除ができます。

 

いかがでしょうか?

写真を見てみるとBeforeの水廻りってそのままでも使えそう・・・って思いましたか?

築10年ほどのマンションでしたので、そのままでもいい!っておっしゃる方もいるかと思います。

しかし、水廻りの交換時期というのは約15~20年なんです。

数年後に交換となれば、現金か住宅ローンよりも金利の高いリフォームローンを使って交換することになります。

住宅を購入する際に一緒にリフォームをするということで、リフォーム費用も住宅ローンに組み込むことができますので、とてもお得になります。

リフォームする際の水廻りの各商品についてですが、ならスマではリフォームする際の金額をわかりやすくするために水廻り4点も入った「リフォームパック」というものをご用意しております。

もちろん、こちらのリフォームパックをそのままご利用される方もいらっしゃいますし、他のメーカーの商品を入れたい!という方のご要望も承っております。

S様はご自身で各ショールームをまわられて気になる商品を何点かピックアップされていました。

その商品をならスマで金額をお調べさせて頂き、金額と性能面を比べながら最終どの商品を選ぶのかを考えられていました。

このようなご要望が叶うのもならスマが工事会社だからです!

お気軽にご相談くださいね。

 

それでは、リビングのご紹介です。

キッチンの開口部分を広げることができるところまで広げました!

これで奥様も家事をしながらリビング全体が見渡せるので、家族と会話を楽しむことができますね。

カウンター部分も広くなったので、カウンターチェアを置けばそのままそこで食事をすることもできますし、できあがった料理を置けばお子様やご主人様にお手伝いを頼むこともできますね。

 

いかがでしたでしょうか?

築が浅いという理由だけで「そのまま住む」のではなく、「自分たちの住みやすいようにリフォーム」するのも一つの選択です。

「そのまま住む」という選択であればメリットは「初期費用が安くすむ」ということだけです

先ほどもご説明させて頂きましたが、数年後にリフォームする必要がでてしまうと、現金またはリフォームローンを利用しなければなりません。

「自分たちの住みやすいようにリフォーム」すれば、リフォーム費用が住宅ローンにまとめることができるので費用が安くすみますし、新築同様の暮らしが手に入りますので、少しでも気になった方は「ならスマ」へお越し下さい。

 

最後になりましたが、たくさんの写真をご提供頂きましたS様、誠にありがとうございました。

これからも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。


ページの先頭へ

Copyright (C) ならスマ, All Rights Reserved.